デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ(Digital Signage)」とは、屋外や店頭、公共交通機関などのあらゆる場所に電子的な表示機器を使用して情報を発信するメディアです。様々な場所で利用されております。ただの液晶モニターではなくメディアの再生機器の内臓、ネットワーク接続により遠隔で操作可能なモデルもあります。

公共の場、店前、店外、店内と様々なところで使用できます。

どんな製品があるの?

デジタルサイネージの種類

デシタルサイネージにはいくつか種類があります。防水耐耐塵に対応した屋外型、室内のみで使用できる屋内型。再生機器(STB)を内臓したもの、スタンド一体型など

※STBとはDVDプレイヤーなどの再生機器やPC、タブレット端末などコンテンツを操作する機器のことを指します。STBにはネットワーク対応のものがあり遠隔で管理できるタイプがあります。

デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージ市場が成長している理由として、以下のようなデジタルサイネージ特有のメリットがあげられます。

ユーザーに合った情報提供ができる

デジタルサイネージの大きなメリットは、訴求対象に合わせた情報、広告を提供できる点です。 もしオンライン型のデジタルサイネージを利用することで、場所や時間、ターゲットとなる人に合わせてディスプレイ内容を変更でき、より効率的な販促活動が可能となります。オフライン型(USB)でもあらかじめ訴求対象に合わせた情報、広告を作成していればリアルタイムで更新はできませんが効率的な販促活動が可能です。また、他サービスのコンテンツを導入することで、その時間の気象情報などの情報提供もできます。

 

ユーザーの目に止まりやすい

デジタルサイネージはディスプレイを使っているため発色性がよく、外でも視認性が高いため、従来の広告や看板と比べて、目に止まりやすい利点があります。また、音声を流せるデジタルサイネージもあり、音による販促活動も利用できるため、企業側は閲覧者側に合わせて理想的な情報や広告をユーザーに届けることが可能となります。

 

届けたい情報に合わせて表示パターンを変更できる

デジタルサイネージは、従来の紙媒体のような静止画の表示も可能です。広告だけでなく、駅構内や病院などで案内情報を表示する場合にも利用できるため、利用する場合は、”どんな情報を、どのように届けたいか”に合わせて掲載パターンを考える必要があります。また、タッチパネル式のディスプレイの場合、閲覧者側に必要な情報を検索してもらうことで、より閲覧者側の要望に沿った情報提供が可能となります。

 

リアルタイムでの更新が可能

デジタルサイネージは、広告やポスターのように1つひとつ作成して張り替える必要がありません。デジタルサイネージの場合、情報の変更はデータを更新するだけで、一括で複数のディスプレイの内容変更が可能です。 キャンペーンや、臨時で案内したい情報も更新するだけで迅速に対応可能となるため、企業側も閲覧者側も利便性が向上します。

 

デジタルサイネージのデメリット

・初期費用、ランニングコストがかかる

デジタルサイネージの紙媒体と大きく異なる点は、大型のディスプレイの導入や設置環境を整える際の初期費用がかかってしまうことです。 費用は、ディスプレイのメーカーやスペックによって異なるため確認が必要です。コスト自体は紙媒体でもかかってしまうので、長期的に見た費用計算が必要となります。

 

故障の可能性がある

デジタルサイネージの大きな欠点は、故障してしまう点です。ディスプレイは電子機器のため、設置場所を考える必要があります。 多くの人々が行き交う場にディスプレイを設置する場合は、ぶつかったり、水が掛かったりしてしまい、修理に出さなければいけないこともあるため、注意が必要です。

導入したいけど、デメリットが、、、と思いの方へ

SHEEDSではそんなお客様のお手伝いします。

弊社ではなるべくお客様にご負担かけることなくデジタルサイネージの導入のお手伝いいたします。

初期費用はサイネージ代、設置料、導入したサイネージで放映する動画も製作して頭金なしの月々¥15,000~からのリースでご案内しております。

他社よりも高いと思われますが、弊社の取り扱い製品は屋外用もあり他社では屋外用はあまり取り扱いがございません。

設置させて頂いたデジタルサイネージには保証をつけることができる為、万が一の時にもご安心下さい。

広告はお店、企業の顔の為クオリティーの高い動画を提供させていただいております。

お気軽にお見積もり、ご相談下さい。

    PAGE TOP